悴(かじか)む兵隊

 私は時代錯誤の規律、明文化されない運用、不規則な当直、村社会の政治をやってきて想像力を失った者たちのもと、何を心では拒絶するか、受け入れるか、諦めるか、執拗に追い求めるか、他者を基準にできずに考え続けている。私は、狭い社会の論理に単純に反発して敵対的姿勢を自ら正当化する行為を、彼らと同じ基盤で政治姿勢をもつことと考える。彼らの敵対的位置に立つことは、不満に感じる彼らの側面を模倣することであり、ありのままに彼らを肯定するのと同様、受け入れがたい。彼らのように政治、あるいは他者を基準においた相互の評価を楽しめない以上、その政治のためだけにわざわざこの人生の墓場へいる意味はなく感じる。私がこの場所にいる意味を見出すのは私であって、能天気が長所の中央部局が決めることではない。

 それゆえ私は来るべき状況を言葉にして、とりうるより良い選択を示したい、可視なものだけから政治をやるよりはマシなんじゃないかと考える。完全情報ゲームはAIにでもやらせておけばいい。そうして私は自分に及第点を与えようという苦しい・多くの場合虚しい努力をしている。上流から意義が自動的に流れてくる上役たちからすれば、なぜそんな些事にうつつを抜かしていると思うだろう。しかし上役たちは経験から得た知恵・知識を常識と考えてアクセシビリティを塞き止めがちであると私は思う。私には不可視なものを、どうもこうも言わないでほしい。それに私には時間がない。彼らにはかつて緩やかな時間が流れていて、私には来るべき破滅の地響きが遠くに聞こえている気がする。

 この苦行の日々を過ごしながらも、彼らが柔軟な知性を持っていたころに吸収してきたものも、わがものにしてゆく追加的な努力をせねばならない。これは、生死を分ける戦局ごとの身のこなしやこの弾は防弾服を貫くといった最低限の知恵・知識を言うのではない。後方で特殊な器械類が扱えたり、渉外するための語学力や文書作成能力、規則運用能力をもつことを言う。能力に業務負荷や教官の能力、士気などが交絡因子となって身につく早さにばらつきが生まれるが、これのない者は、内政の競争に敗れたものである。(それでも最低限の知恵・知識がなくて犬死にするよりはマシだが。)

 私は社会へ放たれて仕方なく、得意を伸ばす機会を失う代わりに、苦手の糊塗に精神をすり減らしている。必死に今日の役務をこなす日々に、明日のための認知・記憶の力が衰えることに怯えている。私は今こうして悴んでいる場合じゃない。不安に負けて背嚢には無駄な荷が詰まっている。明日も景気良く生きるためには、明日必要なものを詰めておく必要があるのに。もっと何かを捨てられるはずだ。それをできない今の私は、目についたもの・非難しがいのあるものに飛びつく彼らを馬鹿にできない。

散歩メモ20200524

 ここ数週間、あるクイズ団体の動画を毎晩観た。彼らの知っていることへの純粋な敬意、知っていることの多様性に好感を持った。いろいろな話題へ飛んで、笑いに満ちている雰囲気がなにか、懐かしいような感じがした。

 彼らの取り組みが素晴らしく感じたのは、次のような印象を受けたからだった。つまり、知らないことは恥ではないこと、知ること自体に競争性・娯楽性があること、知恵は自分で発明できると考えがちだが・それすら知識で乗り越える場面があること、入り口に立つ知識すらなければ・立ち戻る基礎・命綱のフックもかからずに山に登ることになること、などなど。

 彼らが受験生へ向けた言葉にある、学ぶことは夢のための手段であるべきで、目標を達成したら得られることを思い描くことがスタートラインになっていて、小手先の技術でも駆使していくべきだ、などというのは、まったくその通りだと思う。

 別の学校、別の社会へ行くたびに離れてしまってきたが、専門家の専門知にだけ価値があるのではなくて、逆に学問は役に立たないのでもなくて、浅くだろうが知ること・知っていること自体にも価値があって、何番でもいいが・目指すなら一番がもっといい、ということは忘れても思い出すようにしたい。

 長い人生どこかで悲しいことがあるだろうけれど、そればかりにとらわれずに、ふたたび、知的な取り組みを面白がって、夢中になってやりたいものだ。

『戦争と平和』第3部冒頭まで・ピエールとアンドレイ

 ピエールは序盤から主人公格だと感じさせる。冒頭のアンナ・パーヴロヴナ・シェーレルの夜会ではナポレオン・ボナパルトの肩を持ちアンガン公暗殺も仕方ないと言って、(舞台は1805年のロシア、いま調べるとアウステルリッツの戦いという仏軍が露軍を破った戦いの前、開戦直前期から話は始まっているが、)ピエールは談じていた貴族たちに(ナポレオンの人道的に称揚しがたい点をそれぞれに指摘することで)その政治姿勢を非難される。彼がはにかんであなたがたを不愉快にさせなかったわけじゃない、というような顔をする、仲の良いアンドレイ若公爵にフォローされる、その間著者はピエールに対して貴族社会の空気の読めない欠点を挙げながら、人の好さ、きょろきょろとペテルブルグの上流たちの様子に興味をもっている様子などが好感をもって描写されていて、この時点ではただの金持ち貴族の庶子でしかなく、地位も低く、外国留学から帰ったばかりなのに、そうした描写に紙幅を割いているのはなぜ? ということが引っかかったまま、読ませていく。引っかかった所の理由・彼の背景があとから描写されてゆくところに、彼が物語の中心にいること、伏線があとへ引き継がれてゆくこと、彼の冒頭の人格描写が当初の彼の確かな人格で、それを背景にした行動原理が行動だけ描写された中に見出され、きっとすこしずつ行動原理が修正されてゆくことが描かれてゆくに違いないと思わされる。

 ピエールとアンドレイに対して、他の夜会の客たちは内面より外面の描写に紙幅が割かれ、彼らの振る舞いは役割は微妙に違えど、同じモードに則って洗練されている、しかし欠点もある、といった淡々とした描写の印象を持つ。(とはいえ、夜会でのエレンは服や装飾品だけでなく、自分の美しさを弱めようとしてもそれができないというくらいの美しさを輝かせていることについてしっかり描かれている。退屈そうに話を聞いている様子とともに。こういう一辺倒ではないところの描写に、貴族社会に対して影響を及ぼすエレンの抜きんでた存在感が強調されている。)

 現代人から見て、やがてロシアでも打ち滅ぼされる存在である貴族、彼らが古臭い通念で内輪の生活にひたすら時間を使って、自分たちの地位のために都合のいい噂話に溜飲を下げていて、アンドレイもその生活がばかばかしく、友人のピエールにも貴族社会には入るな、自分はこの生活がうんざりだから出征するだとか打ち明け話やアドバイスをする。

 ピエールはアンドレイを認めている。6節でアンドレイは自分を無能で、女性に失望していて、生活が損なわれているというが、ピエールから見ると誰に対しても落ち着き払った態度、稀な記憶力、広い知識、働いたり学んだりする力があり、ピエールにある空想的な思索を弄する傾向がアンドレイには欠けているが、欠点ではなく力だと見える。逆にアンドレイは貴族社会の人たちに退屈している反面、ピエールの理想や思想に対して無邪気で正直で、がんじがらめの社会のルールから外れているところを美点だと認めているように見える。

 1章の終わりでアンドレイは妻に対してありえないくらい冷たい態度を取っているように見える、よほどのことを妻に対して思っている、あるいはどうでもよくなってしまっている、そういう欠点があっても、アンドレイは端正過ぎるくらいの貴公子として初登場時に描かれていて、気難し気なところがあって、陸軍大将をかつて務めた厳格な父公爵から遠方の田舎で教育を受けて、少年時代には貴族のコミュニティから離れた所にいて、その反動で妻に失望しているところがあって、そうありながらも父公爵の几帳面過ぎるところを笑えるくらいには父を愛しており、等々、彼の人格を形づくるさまざまな要素が彼の登場して顔の筋肉を動かすたびに浮かび上がってくる。アンドレイもまた、陰影の深い主人公格である。

 

 ピエールは1部の時点で、さまざまな将来の可能性を用意された青年である。アンドレイのような厳格な環境で問題なく育ったエリートから見て、伯父が金持ちの公爵で本人がその気に入った庶子であるがために十分な教育を受けることができ・将来の選択肢も外に開かれているのだからしっかりやるんだと、言われるべき立場にある。それでいて自身に選択権のある青年だからか、悪友たちとつるむことをやめられず、アンドレイに彼らとの夜遊びをやめるといった当夜に、金も縁故もないが酒と賭博にめっぽう強いドーロホフの荒くれっぷりに憧れて真似して、とうとう泥酔して仲間たちと警官を同宿の貴族が飼っている熊と背中合わせに縛って川に投げ込むばかばかしい悪事をはたらく。

 ベズウーホフ伯爵が実は庶子の善良なピエールに大半の遺産を残すよう、皇帝陛下に例外をお願いしていたことが貴族コミュニティの中で徐々に噂になってゆき、当人が事態を明確に把握できぬまま、ナターシャの名の祝いの日で飲酒した足で伯爵を看取り、突然ピエールの親類で世話をしていたワシーリイ公爵以外の者たちもピエールを好人物だと褒めるようになる、遺産で係争していたベズウーホフ伯爵の姪たちの態度もガラッと変わる。人間関係で、劇的に相互の関係が変わったときの微妙に態度を決めかねている感じが、そうした経験のない私には今まで見たことのない不思議な光景として見ることができる。

 

 これはきっとこの小説の全編について言えることだと思うが、心理描写のしっかりなされる・著者も読者も感情移入をすることになる・主人公格の人物だけにユニークな人格が与えられるのではなくて、途中で数えるのをあきらめざるを得ない登場人物の端々まで、人格的外観的美点欠点、行動的思想的傾向、それらが彼の属する社会に対して及ぼす影響や役割が与えられていて、社会の構成員が互いに感じる好悪は全く一様でなく、たとえばときに聖人めいた顔をすることのあるアンドレイの妹が委縮した時醜い顔をするだとか、アル中の猟銃中隊長が揺るぎなく猛烈な勇猛を発揮するだとか、とにかく多様だと感じる。多様ながら確固な信念や立ち振る舞いをそれぞれに持っていて、かつ確信を持って彼らの衣装や通念や習慣が描かれているために、私がロシアを知らずとも、物語の人物は確かに19世紀初頭のロシアに生きていると謎に確信させる説得力がある。

 

 最初の2部をじっくり読み進めていたが3部に入った途端、1週間くらい間が空いた。GW中は読み進めることができてと言うのが一番だが、もうひとつ、ピエールについての話に気が散ってしまって読み進めるのが難しいことを感じてしまっている、どんどん読み進めることができないでいる。読み進めたいのにそうなっているのがばかばかしいことだと思うが、ピエールがワシーリイ公爵の美しい娘エレンと結婚することを避けたいものだと考えながら、年の近い裕福な公爵と美しい公爵令嬢と言う立場からそれを避けがたいものだとも感じ取り、ついには避けようのないものだと確信するあたりで、彼の気恥ずかしさや慢心へ私は共感性羞恥を感じていて、アンドレイがリーザに失望したようにエレンに失望する日がきたり(トルストイの個人史では、幸福な結婚生活があったからこそ本作品やアンナ・カレーニナが書けたとあるし、ピエールが異性に夢中になってゆくさまを幸せなものとして描いていることに疑いはないが、アンドレイの妹は手紙の中で突然富豪になったピエールに来たるべきさまざまな苦難に同情していて、不穏に感じる。)、アンドレイが敗戦の将となったり、主人公格たちにこの先恐ろしい人生の困難が待ち受けていることを感じているからだろう。この先も下手に寝転がって読むことはできなさそうだ。

WoTイベント ベルリンへの道 感想

(マップと戦略について)
・取得ポイントが安定せず、ジークフリートのph3、オーデル川のph1でよく時間切れになった
ジークフリートはph1、ph3、ph5いずれも左回りが比較的安定した
オーデル川はph1で正面、ph3は右回り、ph5は左回りにゆくとうまく援護できた
・ベルリンはユニットレベル3しかいないからか、比較的安定した印象
・クベルブルクはph5で大破すると合流までにかかる時間が長く、右回りの回り込みが間に合わないことが多かった
・Ferdinandは2方面から狙わないとたいてい時間切れ
・FerdinandやTigerII、Mausなど固い車体が有利な地理的ポジションに出るステージでは、プレーヤがばらけないと突破できない
・誰も前に出ないと負ける

(戦車について)
・自分にはChurcillの20killか駆逐の20000ダメージくらいが限界
・戦闘ブーストはどんどん使う
・駆逐戦車を選ぶと、マップ・味方ガチャ要素が強くなる
・48連隊では前線の低い遮蔽に隠れて視界とヘイトを取りながら戦うことが多かった
・ウイングスピアヘッドは仲間に同じ部隊がいなければ常にマップを大きく回り込む役割
・アイアンサイドは速やかに建物などに隠れながら前線にでないと気が付いたら時間切れになる
・第1戦車大隊は崩れたビルから顔だけ出して撃つのが強い

(イベントポイント回収について)
・すべて野良、パック無購入でも完走できた
・配布分の経験値5倍、ランダム戦で手に入る15倍トークンはほぼ全部回収した
・ユニットレベルやオペレーション・ステージが上がるとき、イベントポイントが次のレベル/ステージに繰り越されないので、5倍、15倍強襲指令利用のタイミングは工夫した
・ユニットレベルやオペレーション・ステージが上がったら、取得できるイベントポイントも上がるようだが、計算方式はよくわからない
・ユニットレベルが高まるにつれて、強襲指令なしで1戦20ptくらいだったのが、60ptまで貰えるようになった気がする
・tier8でひたすらランダム戦、7位⇒5位⇒3位で15倍トークンをほぼ毎日3枚集めた
トークンと強襲指令は集めた方がずっと楽
トークンの回収もあわせて30~40時間くらい、パック買えば15~20時間とかでいけるんじゃないかと思う


#WoT

 

次走るなら年末イベント

 

冬の戦役

 戦端が開いたことは本営の発表前から噂に聞いた。兵科の統合で繁忙な中寒い兵舎に戻ったら最低限の生活をして、起床しては輪番の呼集に応じた。危険手当が出ないだの言う繰言にはそこは有事の兵隊だと鼻を鳴らしたが、振り返ると真綿で首の閉まる日々、短水路の施設が閉まって一月、資料室が閉架して二月、本隊の同期と遭わずに三月が経つ。新兵がまた風邪をひけば掘り捨てた塹壕へ行き孤塁を守れ、と放言を飛ばしていたのも懐かしい。悪くなりつつある戦況は、死者の数を数えて、弾道弾が海に落ち、落下傘訓練で人死にが出る位の認識でいたものを、あれよの間にただ事ではなくなって、その掘り捨てたはずの塹壕に慌てて戦線を張ることになった。寝台も通信機も足りないと当然の大騒ぎ。平時は過大な大隊も、有事に構成員が半減すれば疲弊する。新兵たちも通信機越しの定時連絡も板についてきた……こうして同じ兵舎に戻るにも関わらず、城を挟んで割拠するのは随分滑稽だ。

 小隊が組まれて拙速な作戦が発令した。隊組織の混乱から異なる作戦群にあるべき私と古株が招集されていて、会議が進むうちに徐々に無様な破滅が眼に浮かんだ。明らかに十分な装備の換装もできていない、地形図の読み込みも終わっていない。雪山を迷わず行く徽章の持ち主を尻目に、自分には荷が重すぎる。白旗は有効だと上官は言うが、降伏が成立したとき、鉛弾の矢面に立つ私が無策で無事ではあり得ない。そうして二週間眠れない日々が続いた。

 結論として、私がやっと命を守る形まで立案を取り纏めた所で、軍事行動は中止した。私はこの作戦を通して本営の駒として役割を全うし、未知の戦局の異常性を参謀室の盤上に見せたく思っていた。別大隊と伝令を立てていれば、村社会の大隊の・凡庸な兵卒であれど、低く見積もっても戦線の動向は掴めることも知っていた。それから、小隊が消極的行動を通して無意味に自滅・後退するのを恐れ、潰れ役であれ戦局を開く所に命令の意義を見出していた。今度の作戦中止自体についても、結果筋書きが手に入ったから悪くなかった。しかし防弾帽に星のついた男はなんと、先まで弾込めをしていた私に、そうして夜も昼もなく戦うのがよい経験になると労った! 古株の怠業に耐えて心身を張った私は彼が目的を履き違えていることを嫌った。朝令暮改、問題の矮小化といった誤魔化しに留まらず「窮乏が精神の強靭性に資する」などと資源の潤沢な者が振り返って言うsurvival biasの典型・馬鹿げた後知恵を主張している。説得・中止に持ち込んで隊を疲弊させない努力が裏にあるのを仮に私が知っていても、命令系統を濫りに乱す拙速な仕事だったなどという小言を食らってはたまらない。拙速な出来を省みるに、書面に目を通さない・口頭での報告も忘れる上官や絶対に手は動かさない固い決心の古株に煮え湯を飲まされた日々が浮かばれないが、一兵卒に言うべきことは何もない。ただ、もう一週間を最早存在しなくなった作戦の報告書のために従事していてふと、銃口を上官に向けた先の大戦の造反者の論理について思った。先まで従順だった彼らを何が戦争犯罪に駆り立てたのか? 実質撃鉄を引いたのは望みのない戦いへ駆り出した者たちなのかもしれない。総じて、銃・権力・機会に恵まれたものは、撃鉄を引きたがるのかもしれない。

 数日ほど体の疲れに耳を傾けているうち、ようやく手帳へ文字を書き入れる気力を取り戻した矢先、来週から今度は例の急造部隊へ補充兵となった。急な話だが例の上官から噂には聞いており、たぶん人員の加減算を好む防弾帽の男が気難しい砲科軍曹の意見あたりを聞いたのだろう。荷物整理のついでに後輩たちに書籍を形見分けして、この三年起居した分隊本拠地を見送りもなく後にした。

『女性のいない民主主義』感想

 

女性のいない民主主義 (岩波新書)

女性のいない民主主義 (岩波新書)

 
  •  論点として正しくプッシュしていく必要がある段階で、30%を越えたら臨界して女性の発言権が男性政治家と同等となる、女性政治家自体が男性的に振る舞う、女性政治家ばかりが不倫報道で強くバッシングされ責任を負われるのには、身近な例や報道に接するにあたって納得感がある。
  • なぜ筆者がこのテーマに興味をもったかについては、奥さんとの関係があるということだったけど、奥さんと話す中できっと、職場の中で男性中心主義的な潮流についてのやりとりがあったのだろう。

 

『トランプのアメリカに住む』メモ

 

トランプのアメリカに住む (岩波新書)

トランプのアメリカに住む (岩波新書)

 

 国家成立の流れで、他にも同じ追うな格を持った愛唱歌があったこと、WW2前くらいに法案が通ってそういう位置づけになったこと、意外な感じがある。そのくせ、NFLの試合で観客のひとりひとりまで皆国家を起立・胸に手を当てて歌うのは、愛国心バリバリの人が引かれる日本なら確かに見ない風景。