『漢の武帝』感想

漢の武帝 (岩波新書 青版 (24))

漢の武帝 (岩波新書 青版 (24))

 

 紀元前141年に即位した漢の武帝、半世紀にわたる統治の時代を4期に分けて、独裁者の権力を存分に振るった中国史上の輝かしい時代を、漢学者特有の、無駄のない、それでいて豊かな語彙と言い回しで述べてゆく。

 勢いを増していく時代には若い武帝の柔軟で先見性のある様と呼応するように大繁栄を支える大物、曲者が各界に揃う。陳皇后、董太后、田蚡、大将軍衛青、匈奴軍臣単于、丞相公孫弘、社稷の臣である汲黯、儒学者や宮廷詩人である董仲舒、厳助、朱買臣、司馬相如、東方朔、張騫の鑿空(探検旅行)。時代が少し下って若くして病死する票騎将軍霍去病、強硬な税負荷をかけた丞相張湯、勢いはさらに増すが武帝の精神がやや弛緩する後期にはその時代にふさわしい怪しげな人物、影のある人物たちが現れて来る、方士李少君、少翁、公孫卿、若く美しい記憶を武帝に残して死ぬ李夫人、匈奴征討に荒野を彷徨い最後には匈奴につかまり殺された李広利弐師将軍。戻太子(皇太子)を殺す羽目になる悲劇(じきに衛皇后にも及ぶ)を決定的にする人物紅充は、武帝の晩年にふさわしい陰険な悪役として存在感がある。

 登場人物たちは、信仰・思想、政治姿勢、性格等々さまざまな人物類型が立ち現れて、かつ彼らは感情表現豊かで、まるで悲喜劇中の人物に思われる。悲恋の漢詩を残した者、凄まじい死を迎えた者、そうした彼らを歴史書に残した者、等々。

 物語としては古びた類型の人物たちによるであろうが、約2000年にわたる中国文化の方向性を儒教や詩作の重視、交易拡大などで決定づけた中国史上輝かしい位置づけは揺るがないだろう。