『トイ・ストーリー4』感想

 2・3を観ていない上、1の詳細を覚えていない。あらすじも思い出しながらまとめたが、誤りがあるかもしれない。 シリーズを通じて人間に気づかれないように、おもちゃの主人公たちが持ち主や仲間を助ける話であるのには変わりがないと思う。自分には面白かったが、長年のファンにはモヤッとする人もいるらしい。

感想

 脇役もキャラが立っていて見せ場がある。筋書きは転々として、子どもには全容を把握しがたい。劇中成長していったキャラクターの描写からして、子育てに負担を感じる人は子どもが成長したら新しい生活を始めよ(ウッディ)、刺激ややりがいのない環境にいる人は自由に生きろ(ボー)、悪い容姿に生まれた人も友達を作って楽しく生きろ(フォーキー)、悩んだら内なる声を聞け(バズ)というメッセージがあるのかと感じた。エンドロールの最後に、フォーキーに容姿の似たあたらしいおもちゃがフォーキーに「私、何で生きているんだろう?」と聞き、フォーキーは「さあ、なんでだろうね」と応えるシーンは、観客に印象上見過ごされないように狙ってここに入れているのがわかりやすい。自分には、こういったメッセージを入れていても、構成、映像、キャラクターが素晴らしいから、あまりモヤっとしなかった。商業的な作品で重いメッセージを入れるのは、最終作を意識しているのかとちょっと考えたが、ボーが復帰したように、ウッディも格好を変えてボニーのおもちゃたちのピンチへ姿を現すかもしれない。

 映画館で一番笑いが起きたのは、ボニーというダッキー・バニーに念願の持ち主が現れたときに彼らが歌って踊ったシーンだったが、そこまで2人が喜んでいながら、移動遊園地に残った心理はよくわからなかった。多分、ウッディやボーがやっている、射的のおもちゃに新しい持ち主を見つけてあげる取り組みに賛同したんだろう。笑いを取るときに3回繰り返すことがあるが(ダッキー・バニーのカギを奪うアイディアを考えるシーンや、バターカップがボニーの父を刑務所に入れようというブラックジョーク)が、くどさがない。映画館では、2度目より3度目の笑い声が大きかった。

 ボニーの父がキャンピングカーを持っていて、パンクしたタイヤを出先で自分で直しているのが凄い。キャンピングカーはレンタルかもしれないが。

あらすじ

 最初の10数分は、ボー・ピープが引き取られていくのをウッディが見送る9年前のシーン、その後おもちゃのウッディたちはアンディに大切に扱われながら過ごしてきたが、アンディが大人になるときにボニーという近所の内気な女の子が新たな持ち主になる経緯がテーマ曲とともに描写される。

 時間が現在に戻って、ボニーは最近遊ぶときにウッディを選ばない。幼稚園の体験にゆくボニーが心配でウッディが着いていくと、ほかの子どもにも先生にも話しかけることができない。手元の工作の道具をとられて泣きそうなボニーのため、ウッディがゴミ箱から材料になりそうなものを机の上に放り出す。ボニーは先割れスプーン、モール、アイスのスプーンからフォーキーという人形を作って安心し、幼稚園に打ち解けられるようになる。ボニーは寝るときにもフォーキーを抱えているが、フォーキーはゴミからつくられたから、ゴミ箱に行こうとするが、ウッディはフォーキーがボニーに必要な存在であることを理解して、ボニーのもとに戻す努力を続ける。

 幼稚園へ行く際に約束したとおり、ボニー一家は人形たちと一緒にキャンプに行くことになったが、キャンピングカーからフォーキーが飛び出して、ウッディも飛び出してキャンプ場までの直進路を8km(?)を連れてゆく。2人で歩きながら、ウッディはフォーキーに自分たち人形のアンディやボニーのもとでの冒険の話をして打ち解ける。

 元のキャンピングカーに戻る直前、夜明けにアンティークショップを通りかかると、かつての友人ボー・ピープのライトが見えて、ウッディはまだ時間があるから彼女に逢いに行こうという。店には、ウッディと同じく紐を引っ張ると喋る人形のギャビー・ギャビーがいて、ウッディに部品を譲ってくれとベンソン人形とともに脅す。フォーキーは捕まるが、ウッディは逃げる中でボー・ピープと再会する。ボーは野良人形仲間たちと一緒に、自由に町の子どもと遊んでいるという。

 それと並行してウッディの親友のバズはキャンピングカーを出てウッディを探しているうちに、射的屋で因縁をつけられたダッキー・バニーに追いかけられていた。ウッディ・バズ・ボーに合流したダッキー・バニーには、持ち主がほしいならボニーのところへ連れて行ってやろうと説得して、ウッディたちはフォーキーを助けに行く。

 ボーの知恵で、アンティークショップの棚の奥に隠されたフォーキーを救い出すには、野良人形の隠れ家にいるカナダのスタントマン人形デューク・カブーンの助けを借りるが、失敗する。綿が出たり陶器人形の脚が欠けたりしてしまって、ウッディは一人ギャビーのもとへ行き、声と引き換えにフォーキーを取り戻す。

 ウッディたちが今度こそキャンピングカーへ戻ろうとすると、ギャビーがウッディから修理部品を貰ってまで一緒に遊びたいと長年想ってきたアンティークショップの子どもの前に姿を出したが、気に入られず、放り捨てられるところを目撃する。また店の棚に飾られ続けるギャビーに同情して、ウッディはボニーのところへ行こうと言う。

 帰ろうとするキャンピングカーに回転木馬で合流するまでのところで、ギャビーは偶然見かけた泣いている迷子が、周囲の大人に声をかけることができず、人形を必要としていることに気づく。ウッディらは作戦を変えて、死角に座ったギャビーに迷子が気づくように仕向けて、無事迷子が親と合流し、彼らにギャビーが貰われていくのを眺める。とうとうキャンピングカーに戻ったウッディは、彼女(ボー)のことが気がかりだとバズに話しかけるが、バズは彼女(ボニー)は大丈夫だ、と返す。
 これまで持ち主のボニーの成長に責任を感じていたウッディは、自分の力がなくてもボニーはやっていけることに気づく。ボニーにとって大切なフォーキーもおもちゃたちに打ち解けていて、ゴミ箱に戻る心配もない。人形は子どもたちに遊んでもらえることが大事で、アンディやボニーと共にいることだけが大事なわけではない。ウッディは人形たちに別れを告げて、ボーとともに移動遊園地に住んで、さまざまな地域の子どもたちと遊ぶ持ち主の居ない人形になることを決心する。

 最後、エンドロールが流れる中で、キャンプ場にあった移動遊園地の中でウッディ、ボー、ダッキー、バニーらは射的の的のおもちゃたちに持ち主が見つかるように頑張っている姿が描写される。また、ボニーの家では、小学校に上がるボニーがまたフォーキーと似た人形を作ってくる。保安官バッジをウッディから貰ったジェシーは、ウッディがしたように彼女の紹介をする。フォーキーはその自分をおもちゃではなくゴミだと思って居る新たな仲間に対して、心配しなくていいと言う。